レディー

いぼは手術で完治できる|レーザーで憧れの綺麗な肌へ

滑らかな肌を取り戻す

注射器

治療法のいろいろ

いぼを治療する方法には多くの種類があります。薬や注射を使う方法、液体窒素で凍結させる方法、レーザーで焼き切る方法、そして切開手術をする方法などです。このうち薬にはサリチル酸やホルムアルデヒドなどがあり、いぼの部分に塗ると角層を変性させる効果があります。痛みが少ないため子どもにも適用できますが、治癒までの期間が長くなる点はデメリットです。注射は抗ウイルス作用のあるブレオマイシンなどを使用します。ウイルスの増殖を抑え、かさぶたにして落とす効果が期待できます。比較的よく用いられるのは液体窒素で凍結させる方法です。いぼをマイナス200℃ほどの低温にすると、瞬間的に組織が破壊され、やがて脱落していきます。根が深いいぼの場合には、1回だけでは治療できず、何回か繰り返す必要があります。一週間ほど経過するとかさぶた状になり、自然に治癒します。他の方法で治しにくいいぼにも有効ですが、麻酔をしないため痛みが強いという欠点があります。痛みに弱い方は別の方法を試したほうが良い場合もあります。レーザー機器にも何種類かあって、症状に応じて使い分けます。メラニン色素に反応するレーザーは、色素の濃いいぼに効果的です。炭酸ガスレーザーは組織に含まれる水分を蒸発させ、縮小させる効果があります。いずれも大きないぼをキレイに取ることができます。えぐれたような傷跡が残る場合もありますが、数か月で自然に元へ戻って行くとされています。痛みに耐えられないときには、麻酔を使用することもできます。以上のような方法でも取れない難治性のいぼは、切開手術で取り除くことがあります。患部が大きすぎたり、他の方法で取りにくい場所にあったりするときは、手術で確実に取ってしまうのが効果的と考えられます。他の幾つかの方法では自費診療となり、治療費も高くなりがちですが、切開手術であれば保険が適用となり、費用を節約できるのも人気のポイントです。

再発の可能性に注意

尋常性疣贅と呼ばれるいぼは、ウイルスの感染によって起こる病気の一種です。通常は簡単に伝染することはありませんが、皮膚に少しでも傷があると感染しやすくなります。他人から感染するだけでなく、自分の皮膚から感染して、数が増えていくこともあります。切開手術をして取り除いた場合でも、ウイルスを完全に駆除しなければ、また再発する可能性があります。手術だけでなくアフターケアに気を配る必要があるため、管理体制のしっかりした病院を選ぶことが大切です。切開手術はレーザー治療よりも傷跡が残りやすい点に注意が必要です。縫い合わせた後は抜糸をしなければならず、手術後に何度か通院する必要があります。その後のケアも大切なので、できれば身近にあって通いやすいクリニックを選ぶのが望ましいと言えます。傷跡は陥没して目立ってしまうこともありますが、手術後2〜3か月で皮膚が盛り上がり、徐々に目立たなくなっていきます。半年ほど経てばかなり落ち着くとされています。いぼの性質は人それぞれであり、薬が効きやすい体質の方も効きにくい体質の方もいます。どの治療法が最も適切かは、個人差があって一概には言えません。単一の方法で治療するケースもありますが、複数の方法を組み合わせて、より効果が高く副作用の少ない治療を行なうこともできます。症例数が多く経験豊富な専門医であれば、症状に合わせた治療法を選べるでしょう。いぼの治療で失敗しないためには、セカンドオピニオンを活用するのも一つの方法です。