女の人

いぼは手術で完治できる|レーザーで憧れの綺麗な肌へ

治療するメリットとは

下着姿のレディー

治し方は人それぞれ

いぼは、感染症由来によるものが多いのが現状です。自然に治ることもありますが、治療を行わないとそのままいぼが残ってしまうケースもあります。また、放置することでさらにいぼが増えてしまったり、無意識のうちに他の人へ感染させてしまうこともあるのです。いくら自然治癒する可能性があるとはいえ、放置しておくのは得策とはいえません。早めに医師に相談し、処置してもらいましょう。効果的ないぼの治療法の一つとして、凍結治療が挙げられます。凍結治療は液体窒素を用いた治療法で、比較的どこの皮膚科でも受けることができます。いぼの大きさに対して適切な量での治療を行うことができるため、効果的な治療法であると言えます。他にも、サリチル酸を含んだスピール膏をいぼに張る治療法もあります。このサリチル酸には、皮膚の角質を柔らかくさせる効果があります。つまり、皮膚の角質を軟化させることによって、いぼを剥がれやすくする効果が期待できます。他の治療法と組み合わせると、より効果が発揮されます。一番手っ取り早くいぼを除去するには、レーザー治療をおすすめします。一度にいぼを取り除くことができるため、他の治療法よりも格段に早くいぼを完全除去することができます。顔面や手足など、痛みが伴うような部分には局部麻酔を行い、痛みを感じさせずに治療を行うことができます。レーザー手術による治療はそれなりに費用もかかりますが、その分、短期間で治療を終えることができるのが魅力的です。また、いぼを除去した痕が残りにくいのも利点と言えましょう。顔面など、目立つところにいぼができている場合は、レーザーによる痕を残さない手術がおすすめです。

治療法のメリットを知ろう

液体窒素や、内服薬などで治すことができない頑固ないぼには、レーザー治療や手術による治療が効果的です。特に、顔面などの人目につきやすい部分にいぼがある場合は、痕を残さないレーザー治療がおすすめです。ただ、短期間で痕を残さない治療を行えるという利点とは裏腹に、費用が高くかかってしまうというデメリットもあります。治療を受ける病院によって、費用に差が出てしまうこともあるので、事前によく調べておくことを推奨します。また、レーザーでは取り除けない特殊な部分にできたものや、大きないぼは手術によって除去するほうが効果的な場合があります。手術する際は、局部麻酔を行い、メスで切り取り縫合していくため、傷跡が残ってしまうので注意が必要です。事前に医師としっかり話し合い、自分が納得できる方法で治療してもらえるようにしましょう。女性などは特に、目立つ部分の除去には慎重に話し合いを重ねることをおすすめします。安心して身を任せるためにも、事前にしっかりとカウンセリングを行ってくれるような病院を選びましょう。また、術後のアフターケアーも丁寧に行ってくれるところだと安心できます。自分がどんな風に治療を行いたいのかを明確にしておくと、医師との話し合いもスムーズに進むことでしょう。人によって、治したい部分も、治したい方法も違うものです。自分にとって、何がメリットになるのか、何がデメリットなのかを事前によく知っておくことが重要です。それぞれの治療法のメリット、デメリットを照らし合わせた上で、より良い方法を探していきましょう。

滑らかな肌を取り戻す

注射器

いぼを取り除くには薬や注射を使ったり、液体窒素やレーザーを用いる方法のほか、切開手術を行なう場合もあります。切開手術は保険が適用され、大きないぼにも有効ですが、再発の可能性や傷跡が残る点には注意が必要です。

読んでみよう

肌をきれいに

脚

いぼの原因はウイルスです。子どもに多い水いぼなどは手術が不要です。種類の見極めのためにも、まずは気になったら早めに皮膚科や小児科を受診するようにしましょう。手術によっては自費負担で行う物もありますが、大変綺麗な仕上がりです。

読んでみよう

美容整形によるほくろ除去

美容整形

美容皮膚科では炭酸ガスレーザー蒸散法で、顔のほくろや老人性いぼを消すことができます。直径が6mmを超える大きなほくろの除去には、切除縫合法やくりぬき切除法による外科手術が行われます。切除縫合法やくりぬき切除法は、ベテランの医師に手術を執刀してもらうと美しく仕上げてもらえます。

読んでみよう